しゅらの郷福祉会について

ホーム > しゅらの郷福祉会について

すべては仲間(利用者)のために 仲間(利用者)は社会のために

greetingごあいさつ

当法人は、障がい者親の会(藤井寺市心身障がい児(者)父母の会)が
募金、バザー、チャリティーコンサート等の活動を通して、
藤井寺市を始め広く一般市民の方々のご理解ご支援を得て設立しました。
このような形での設立は全国でも珍しいケースです。

前理事長 杉江 徳久氏は設立当初から約11年間にわたり代表を務め、利用者を主体にニーズに合った事業を進めてこられ、法人独自事業として5事業所、大阪府や藤井寺市からの受託事業を展開してこられました。私はこれらの事業が今後も安定した経営が営われるよう努め、さらには利用者ご家族の高齢化、利用者の高齢化の問題に取り組むことを策として考えていきます。

同時に、現場で働く職員が障がい者を取り巻く様々な問題を共に考え、どのような支援が必要なのか情報を集め、関係する事業所の職員と話合い、より良い支援を行っていただきたいと願います。つまり、一人ひとりの利用者の将来がどうなったらいいのか、どのような人生を送ることが幸せなのか、そのことを思いながら支援をすることがプロの介護者であると思います。3ヶ月も現場で働いたらプロの介護者です。意識を持って働いていただけるよう、法人として指導していきます。

昨今、介護施設や事業所関係の人材不足が深刻な問題になっております。
当法人のホームページをご覧になられた方で話が聞きたい、見学したい等のご希望がありましたら、是非、事務局へご連絡ください。お待ちしております。

林 惠子
しゅらの郷福祉会 理事長 林 惠子

Idea理念

法人理念
すべては仲間(利用者)のために
仲間(利用者)は社会のために
基本理念
・利用者の人権及び人生を大切にし、個々に応じたサービスを提供する
・利用者の願いや思いに向き合い、理解し支援する
・利用者が地域の中で自分らしく、いきいきと生活していけるよう支援する

historyしゅらの郷のあゆみ

平成19年 2月 社会福祉法人しゅらの郷福祉会設立
同年 4月 就労移行支援事業所「あゆみ」開設
平成21年 4月 「あゆみ」において生活介護事業、就労継続支援B型事業追加実施
同年 11月 大阪府委託事業障がい児等療育支援事業実施
「支援センターしゅらの郷」開設
平成22年 4月 ヘルパーステーション ウインドミル開設
重度訪問介護事業、居宅介護事業、移動支援事業実施
藤井寺市委託事業 障害児・障害者ふれあい支援事業実施
平成23年 4月 相談支援センター「ぴんぽん」開設
平成26年 9月 共同生活援助事業所「鈴藤」開設及び短期入所事業実施
平成27年 11月 「あゆみ」の従たる事業所開設
平成28年 9月 多機能型事業所「つばさ」開設(従たる事業所閉鎖)
就労移行事業、就労継続支援B型事業実施
平成31年 3月 就労移行 閉鎖
同年 4月 多機能型事業所「あゆみ」と「つばさ」統合

about組織概要

組織図

組織図

役員・評議員

  • 令和1年6月15日~令和3年
    定例評議員会まで
    役職名 氏名
    理事長 林 惠子
    業務執行理事 松井 博
    業務執行理事 竹澤 住枝
    理事 北橋 俊江
    理事 奥川 裕己
    理事 時山 健太郎
    監事 堀田 久雄
    監事 松本 正休

    (計8名)

  • 平成29年4月1日~令和3年
    定例評議員会まで
    役職名 氏名
    評議員 安原 佳子
    評議員 上田 修平
    評議員 松並 利行
    評議員 中江 孝子
    評議員 谷口 美智代
    評議員 内藤 隆富
    評議員 上田 利典

    (計7名)

このページのトップへ